紹介・ネタバレ・感想

父さんはひとごろし ネタバレ 36話 【効率のいい拷問を考える父さんだが、戸叶の優位に変わりなし】

戸叶

【ノレソレ】が描く、サイコパスの恐怖と苦悩を描くサイコスペンス『父さんはひとごろし』。駿は!?茉莉は!?野崎は!?脱出できるのか!?

この記事はその36のネタバレと見どころを紹介しています。

父さんはひとごろし_横_ロングバナー

▼立読みはRentaでできます!▼

RENTAで無料立ち読み

『父さんはひとごろし』で検索すると出てきます♪

父さんはひとごろし ネタバレ 36話 ダイジェスト!

催涙スプレー食らって悶絶する戸叶。

 

 

戸叶を殺すことは決定したものの、

 

 

欲を言えば『戸叶の策』もつぶしておきたいと考え出す。

 

 

拷問するにしても時間をかけられないし、やりすぎてしまう可能性もある。

 

 

そこで父さんは水責めによる拷問を開始。

 

 

一方、拘束されていた駿は、3人目の殺人を防ぐべく、考えを巡らせていた。

父さんはひとごろし ネタバレ 36話の登場人物の動き

戸叶紗栄子への拷問を開始する父さん『中山雅之

父さん_サイコパスの元少年A

戸叶無力化に成功。

 

 

戸叶の策も潰したいと考え出す父さん。

 

 

そこで考え付いたのが水責め。

 

 

だがそれも戸叶の策のうちであることには気づいていなかった。

 

 

戸叶への水責めには野崎誠に協力させ、『共犯』という鎖で縛る。

 

 

 

拷問されるサイコパス『戸叶紗栄子

戸叶

催涙スプレーによる目潰しを食らい、水責めまで食らう戸叶。

 

 

取り乱したように、縛られて転がっている駿と茉莉に『助けろ』と命令するのだが、

 

 

無慈悲にも拷問されてしまう。

 

 

 

状況を打破しようとする『駿と茉莉

父さんの子_駿茉莉_駿の彼女

手足を拘束されており、絶望的な状況の二人。

 

 

外部からの助けという望みあったが、中山愛子の手によって絶たれている。

 

 

茉莉は『父さんと話し合うべき』と駿に言ってしまったことを後悔していたのだが、

 

 

駿は戸叶が落とした肩掛けカバンにナイフがあることを発見し、

 

 

状況を打破するために思案する。

 

 

サイコパスの言いなりになった『野崎誠

野崎

戸叶の水責めによる拷問を手伝わされることになった野崎誠。

 

 

それは戸叶の部下を埋めるのを手伝わされたかつての駿と同じく、

 

 

共犯者という自覚を持たせるためだった。

 

 

「ごめんなさい」と言いながらも戸叶を拷問する。

36話の見どころ!戸叶のピンチはむしろ歓迎だが、戸叶の思うつぼである

戸叶への拷問というのが本作の見どころだが、

 

 

むしろこの流れは戸叶の思うつぼである。

 

 

なにせ、水責めを受けることで、戸叶は自身の優位は何一つ変わっていないと理解したからです。

 

 

拷問をするということは、生かさなければならない事情があるわけで、

 

 

その事情とは戸叶がつかんでる証拠にある。

 

 

証拠を潰せる可能性があれば、その可能性に欠けるのが人情である。

 

 

つまり、戸叶は殺されないことをわかっているというわけです。

 

 

戸叶は苦しんでるものの、どこかスリルを楽しんでる節があり、

 

 

戸叶の表情こそこの36話最大の見どころです。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。