紹介・ネタバレ・感想

父さんはひとごろし ネタバレ 10話 【茉莉の本物の優しさが駿を救い、絶望させる】

茉莉_駿の彼女

【ノレソレ』が描く、サイコパスの恐怖と苦悩を描くサイコスペンス『父さんはひとごろし』。駿は!?茉莉は!?野崎は!?脱出できるのか!?

この記事はその10話のネタバレと見どころを紹介しています。

▼試し読みはココをタップ▼

父さんはひとごろし_横_ロングバナー

▼立読みはRentaでできます!▼

RENTAで無料立ち読み

 

父さんはひとごろし ネタバレ 10話 ダイジェスト!

父さんも母さんも、『過去』に触れた瞬間に空気が凍ったように感じた駿。

 

茉莉の家に非難した駿だが、とても家に帰れるコンディションではない。

 

そんな駿を心配するものの、茉莉は積極的に事情を確認しようとはしなかった。

 

この日の駿が一日おかしかったのを見ていたからだ。そしてその原因が『家族』にあることも見抜いていた。

 

そんな茉莉の優しさに、駿はつい相談をしてしまう・・・。

 

 

一方同じころ、戸叶は目潰し犯の現在情報を、園部にリークしていた・・・。

 

父さんはひとごろし ネタバレ 10話の登場人物の動き

父さんが異常者かもしれない事実に耐えきれずに茉莉に相談した『中山駿』

父さんの子_駿

茉莉の優しさ、気づかいに触れた駿はついに茉莉に相談してしまう。

 

父さんが目潰し事件を笑ってみていたこと。

猫の死体で自慰をしていたこと。

猫を殺したのは父さんかもしれないこと。

目潰し犯が父さんかもしれないこと。

 

自分の気持ちを整理して、駿は父さんと話し合うことを決意する。

 

 

駿の良き相談相手『茉莉』

茉莉_駿の彼女

駿を自宅に匿った茉莉。

 

 

駿から『父さんの奇行』を聞いてショックを受けるものの、

 

駿の両親の、駿への思いやり、気づかい本物で、

 

それは片親の自分にとって憧れそのものだった。

 

 

だから、駿の勘違いでもあっても、駿の推測通りだったとしても「なんとかなる。絶対大丈夫だよ!あんなにいい家族なんだから!」

 

 

と、元気づけます。

 

 

ですがこれは過ちだったのです。

 

 

目潰し犯の情報を園部にリークする『戸叶紗江子』

戸叶

無事に検察官から情報を入手した戸叶。

 

 

帰りの車、会心の笑みを浮かべて園部に情報をリークします。

 

 

それはさながら『これでもっと面白くできる』とでも言うような怪しい笑み。

 

 

園部が復讐心に駆られて目潰し犯を襲うもよし、逆に返り討ちにあってもよし。

 

 

どちらにしても美味しい記事が一本出来上がる。というもの。

 

戸叶のニコニコは止まらない・・・。

 

 

10話の見どころ!茉莉の良心が痛すぎる!

10話では駿に寄り添い、ずっと励ましていた茉莉。

 

 

彼女の善性は言うまでもなく本物で、年相応に夢を見つつ、人間の良心を信じています。

 

これは、道徳教育を受けて豊かな情緒を育んだ証と言えます。

 

ですが、今回に限って言えば、通じる相手(父さん)ではありません。

 

 

相手はサイコパスという、良心が存在しない人間なのです。

 

 

希望は常に、絶望を二乗する。

 

茉莉は確かにこの時、駿の心を救いました。

 

ですが、それが次の11話では駿の心はさらなる絶望の底に転がり込むことになってしまいます。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。