紹介・ネタバレ・感想

父さんはひとごろし ネタバレ 2話 【事件を誤魔化す父さん母さん。事件を追う戸叶と野崎】

母さん

【ノレソレ』が描く、サイコパスの恐怖と苦悩を描くサスペンス『父さんはひとごろし』。駿は!?茉莉は!?野崎は!?脱出できるのか!?

この記事はその2話のネタバレと見どころを紹介しています。

父さんはひとごろし_横_ロングバナー

▼立読みはRentaでできます!▼

RENTAで無料立ち読み

 

父さんはひとごろし ネタバレ 2話 ダイジェスト!

 

『犯人の少年が今は社会復帰して普通に生きてることが許せない・・・』

 

 

特番を見てほくそ笑んでいた雅之だが、駿の視線を感じてすぐに厳格な父親に戻る。

 

駿はそこに違和感を感じながらも改めて事件について聞くのだが、

 

父さんはまともに取り合わず、母さんはそれを誤魔化すように会話を変えた。

 

 

一方この特番の裏側二人の人間が動き出そうとしていた。

 

一人は週刊誌の記者・戸叶。

 

 

戸叶はこの事件の犯人の今を掴んで、週刊誌を立て直そうとしていた。

 

 

もう一人は駿のクラスメイトで素行不良の野崎誠。

 

野崎は駿に、ある確信を持ち、そしてある目的をもって接近する。

 

 

父さんはひとごろし ネタバレ 2話の登場人物の動き

父さんに違和感を持った『中山駿』

父さんの子_駿

日本史上でも類を見ないほどの残酷事件で父さんが笑っていたことを見逃さなかった駿。

そこから駿は、父・雅行に、そしてそれを誤魔化すような話題を振った母・愛子に違和感を持つ。

 

 

目潰し連続殺人事件を笑ってみていた『中山雅行』

父さん_サイコパスの元少年A

息子・駿に『目潰し連続殺人事件』のことを、聞かれとぼける。

 

 

父さんをフォローするように話題を変えた母さん『中山愛子』

母さん

駿の口から『目潰し連続殺人事件』のことを聞かれ、口を噤む父さんに助け舟を出すかのように

話題を変えた母さん。

 

その顔は笑みを浮かべる優しい母親のようであるが、同時に、愛する夫を庇う妻でもあった。

 

 

目潰し犯を追う週刊誌記者『戸叶』

戸叶

週刊新報の記者・戸叶。仕事のできる女で重宝がられているが手口が強引でその分敵も多い。

 

週刊新報を立て直すために、目潰し犯を追うことを決意する。

 

 

目潰し犯に憧れる中学生『野崎誠』

野崎

特番の翌日、駿にその件についての話題を出す。

 

最初こそ、日常の話題として駿に話しかけるのだが、『誰と』その番組を見たのかを確認してくる。

 

 

2話の見どころ!厄介なトップ4全員集合!

『目潰し連続殺人事件』のことを聞いた後の、あの何とも言えない沈黙。

 

父・雅行は表情を出さずにとぼけ、母・愛子は妙に不自然に話題を逸らしていきます。

 

 

その様はまるで『何も聞かなかった』かのようで、駿からすれば不気味以外の何物でもありません。

 

また、もう一人のサイコパスと名高い戸叶、そしてヘタレ王の異名を持つ野崎も登場します。

 

 

父・雅之、母・愛子、記者戸叶、クラスメイト野崎。

 

 

2話にして早くも本作で厄介な奴らトップ4が登場します。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。