『布団…敷いてる…!?靴下…脱いでる!?』

 

『いっぺんカーチャンの腹ん中からやり直してきな』

 

『ユーモアと悪趣味の違いわかんないの?』

 

『こいつ無能なのかしら』

 

深夜のダメ恋図鑑の内容がわかるくらいのネタバレしています♪
またこのマンガは無料試し読みができます♪
>>RENTAで無料立ち読み<<
『深夜のダメ恋』で検索です♪
 

 

 

原作 深夜のダメ恋図鑑 ネタバレ

こんにちは!みやこです♪

 

 

 

この漫画の1巻を読みました。

 

 

 

深夜のダメ恋図鑑

 

 

 

声出して笑えちゃうようなダメンズとの恋の笑い話です(笑)

 

 

 

福間 千代(ふくま ちよ25歳)、古賀 円(こが まどか24歳)、千鳥佐和子(ちどり さわこ25歳)が

出会った男、付き合っている男、気になっている男などなどへの

鋭いツッコミが面白い漫画です♪

 

 

 

元気が出ちゃうような面白い漫画ですのでぜひぜひ読んでみてください♪

ここで少しネタバレエピソードも紹介します♪

 

 

 

福間千代の場合

 

王子様みたいな人がタイプの千代。

 

 

 

気になっている男性がいて、

熱烈なアプローチを受けて、

いよいよシャワーを浴びて覚悟を決めます♪

 

 

漫画みたいなちょっと強引な展開。

カッコいいし話が合うし、

 

「あの…シャワーありが…」

 

 

!?

 

 

 

布団…敷いてる?

 

 

 

靴下…脱いでる!?

 

 

 

漫画に抱きすぎたイメージと現実の庶民じみた落差に一気に冷静になってしまい、

 

 

 

そのまま逃げだします(笑)

 

 

 

古賀 円の場合

 

高校時代に告白した男性と英会話レッスンで再会。

K大出身の秀才の彼。

 

 

 

彼にフラれたことで、必死に勉強して大学に入ってOLになった円。

 

 

 

「あの、さ。英会話レッスン。俺と一緒のクラスとれよ」

「でも田中君とじゃクラスレベル違うから一緒の授業はムリじゃないかな」

「大丈夫!俺が合わせてやるよ!」

 

 

 

上から目線の彼・田中。

実はそうではなかったのです。

 

 

 

円のやんわりとした逆襲が始まります。

「田中君は今何してるの?」

「今はなんていうあ、投資マネーのディーラーみたいな仕事を…」

「ああ、こむずかしいこと言い方してるけど銀行勤務ね。さっきレッスンでそう言ってたよね」

「え?さっきの英語聴き取れてたんだ」

「田中君の英語ものすごくわかりやすい日本語英語だから」

 

 

 

「そういやあの時もK大卒って言ってたよね?」

「ああ聞いてた?あの瞬間みんな『スゴイ!』って顔してこっち見ちゃって正直言わなきゃよかったかなーなんて」

「そういかもね。あたしもスゴイ!って思ったもん。」

 

 

 

「あの程度の英語レベルでK大とか言えるって超スゴイなあって思ってみてたよ

 

 

 

実は円のクラスレベルは一番上で、田中君は英検3級レベル。

学歴と語学力を同時に辛辣にケナして帰ります♪

 

 

 

千鳥佐和子の場合

 

付き合ってる男がダメンズ。

 

 

 

買い物ではほしいものを勝手に入れて会計はしないわの自己中な彼氏。

 

 

 

そんな彼氏が円の料理をけなします。

 

 

 

味が薄いという佐和子の味噌汁。

「なんか物足りないよ」

薄味なことには心当たりがある佐和子。

「味噌汁って和食の基本じゃん?これじゃ佐和子の料理の腕前黄色信号?」

「オマエさーうちの母親に料理教えてもらえよ」

きっと良かれと思って言っているのであろうこの発言。

 

 

 

佐和子もちょっと引きつつも、

会話に合わせますが…。

 

 

 

その後日。

突然『同僚を家に連れてくる』と電話がかかってきます。

 

 

 

なんとか食事を作り、間に合わせる佐和子。

 

 

 

同僚は常識人のようで急な来訪に詫びますが、

それを彼氏が止めます。

『普段通りの姿見てもらいたかったから』

 

 

 

何のことかわからない佐和子。

 

 

 

どうやら『彼女の料理がマズイ』から判定してくれとのこと。

 

 

 

第三者に判定してもらえれば『オマエ』のためになる。

 

 

 

顔には出さず、料理を出す佐和子。

 

 

 

そして味噌汁。

 

 

 

けちょんけちょんにケナす涼。

得意げに「まあ敗因はわかってんのよ。コイツ味噌汁にだし使ってないんぜ?」

 

 

 

佐和子「え?」

 

 

 

同僚に同意を求めるように聞きますが…。

 

 

 

「いや…これかなりうまいよ。たしかに薄味だけどだしがちゃんと聞いてるからすげーうまい」

 

 

 

彼氏のバカ舌が判明しただけでした。

 

 

 

それでもただ一人、お母さんの料理至上主義の彼氏は憤慨しますが。

 

 

 

「お母さまは顆粒だしでお味噌汁を作ってらしたのね。それは否定しないけど」

「自分の常識を一般常識のように人に押し付けないでくれる?」

「世の中には顆粒だしを使う人もいれば乾物からだしを取る人もいる」

 

 

 

ママの味と違うものをマズイと決めつけるのは恥ずかしいわよ?

 

 

 

友達の前で亭主関白ぶって優位な自分を見せつけたかったという器の小ささ。

 

 

 

落ちも秀逸です♪

 

 

 

本編を読みたい方はこちらです♪

>>RENTAで無料立ち読み<<
『深夜のダメ恋』で検索です♪

 

 

 

深夜のダメ恋図鑑 感想

あるある~って感じのお話でした♪

 

 

 

どうして男の人って聞いてもいない自慢話をしてくるんでしょうね。

すごく不思議です。

 

 

 

一歩立ち止まって考えればいいのに、

自慢できるほどステータスがある男性って何も言わないでも

「あ、この人すごい人かも!」って思うんですけど。

 

 

 

自慢しちゃうからダメンズなんですよね。

 

 

 

私は特に佐和子の考え方が大好きです♪

 

 

 

冷める時と恋してる時の落差が面白い(笑)

 

 

 

冷めたら本当に他人みたいに接するんですけど、

相手の良いところをちゃんと見ようとしてるんですよね。

 

 

 

それが相手に伝わらないんですが(汗)

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月からドラマも開始しましたので、

この機会に皆さんも読んでみてください♪

 

 

 

深夜のダメ恋図鑑」は

 

 

無料試し読みができますので、無料で読んでみてください♪

 

 

こんな男はダメ!というのを冗談めかして描かれている漫画です♪

 

 

>>RENTAで無料立ち読み<<

『深夜のダメ恋図鑑』で検索です♪