こんにちは!

フクです。

 

 

とある魔術の禁書目録】の3期が始まりました。

 

 

 

第5話のネタバレをしていきます。

5話は『ブロック』の狙いを知り、つぶす話がメイン。

一方通行が新人なのにリーダーシップをとったりとすごく有能です。

 

 

・【とある魔術の禁書目録】の3期を見逃した方
・その1期、2期、映画が見たい方
・超電磁砲が見たい方

U-NEXTでご覧ください。

————————————————————————
本ページの情報は2018年年10月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
登録すると30日間は無料で利用できます。
————————————————————————

とある魔術の禁書目録 あらすじ
超能力開発を授業として取り入れる学園都市の高校生・上条当麻の部屋に空からシスターが降ってきた。

 

彼女は10万3000冊の魔道書を脳内に記憶する「インデックス」と呼ばれる存在で、逃亡の途中だった。そんな彼女を追い魔術師たちが次々と学園都市に入り込む。

 

インデックスとの出会いを機に科学サイドや魔術サイドの
さまざまな事件を解決。

 

だが、自身の右手に宿る「あらゆる異能を打ち消す」“幻想殺し”の力が狙われ始まる…。

※公式サイトより引用

とある魔術の禁書目録3期 5話ネタバレ 垣根提督(能力名:ダークマター)

 

 

 

『グループ』『スクール』『ブロック』の三つ巴。

 

 

 

ここにさらに目的不明で『メンバー』まで乱入してきます。

 

 

『敵』の目的である衛星用アンテナに

向かい、事件を片付けようとする一方通行。

 

 

 

そこに『メンバー』から空間移動能力を持つ敵が現れ、

さらに『スクール』側の垣根提督の元にも

『メンバー』の刺客が現れます。

 

 

 

入り乱れての攻防戦。

 

 

 

一方通行は相手の能力が

【相手の背後にしか回れない】

【能力発動には相手の位置情報のアシストが必要】と気づき、圧倒。

 

 

 

悪の美学を叩き込みます。

 

 

 

垣根提督は相手の無駄に長い美学をおとなしく聞いていましたが、

能力であたり一帯を吹き飛ばして瞬殺します。

 

 

 

さらに、ここで、相手側のメンバーに成りすました

海原光貴(本人ではなく、アステカの魔術師)が

敵のこの騒ぎの目的を知ります。

 

 

 

『学園都市の監視能力の麻痺』

 

 

 

学園都市外側には5000人の傭兵が待機しているという。

 

 

 

肝心なのはこの5000人の傭兵たちが

『どこを、何のために襲う』のか。

 

 

 

時間はそれほど残っておらず、

海原光貴(偽)は独断で動き始め、

騒ぎを起こして妨害を始めます。

 

 

 

それでも流入してくる侵入者。

 

 

 

ここで一方通行が合流して

完全に制圧をします。

 

 

 

『グループ』が全員集合し、

敵の一人から『ブロック』の真の狙いを聞き出します。

 

 

 

まず、第10学区の少年院にいる『座標移動(ムーブポイント)』の仲間の確保。

その仲間を交渉材料にして『座標移動(ムーブポイント)』と交渉。

 

 

 

つまり、『ブロック』の狙いは

『窓の無いビル』の完全破壊であり、アレイスターの殺害。

 

 

※ムーブポイントはこの『窓の無いビル』への出入り口であり案内人でもあります。

つまり、『窓の無いビル』に入るにはムーブポイントがいないと入れない。

 

 

 

その為に、回りくどいやり方で騒ぎを起こしていました。

 

 

 

 

敵の現在位置である

少年院に行き、

 

 

 

海原光貴(本人ではなく、アステカの魔術師)は

『メンバー』の一人であり、かつての同僚と戦闘。

 

 

 

一方通行はなだれ込んでいた

傭兵の足止め。

 

 

 

土御門元春と結標淡希は

敵の本体のところに行き、

 

 

 

『スクール』の狙いをつぶします。

 

 

とある魔術の禁書目録3期 5話  感想

開幕でうれしい出会い。

 

 

初春飾利とラストオーダー。

 

 

初春と御坂美琴は友達ですからね。

気づく、察する、なんてのを期待しましたが、

見事なスルーでしたね。

 

 

たまにこういうのがあるので、

見ていて楽しいです。

 

 

 

さて、ちょっと心が折れそうなんですが…。

 

 

 

この作品はネタバレがものすごくしづらいです

 

 

ご覧の通り、

目的不明のまま敵が乱入したり、

いきなり敵が増えたり、

目的不明のまま進んだり、

一方の目的が終わっても、もう一方が目的を果たしていなかったり、

 

 

 

文字にしているとカオスなことになります。

 

 

 

不思議なことに、見ているとそれほど気になりません。

 

 

 

ちょっとやり方を変える必要が出てきますね…。

多分ですが、この記事を期間を開けて読むと、

自分でも何を書いているのかわからない、とかそういう状態になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

見逃した方や1期2期、関連としてレールガンも見たい!

という方はU-NEXTでご覧ください。

> U-NEXT <

————————————————————————

本ページの情報は2018年年10月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

————————————————————————