こんにちは!

フクです。

 

サンダーボルトファンタジーの2期が本当に嬉しい。

 

 

本記事では

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 (2期)5話をお届けします。

 

 

毒で動けない殤不患(ショウ フカン)のために

薬を調達に業火の谷にやってきた

 

鬼鳥(キチョウ)と浪巫謠(ロウフヨウ)。

竜を倒し、その角を得て薬を作れるか?

 

 

まどマギ、fate0でお馴染みの虚淵玄監督の作品です。

 

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2

 

見逃し配信もう一度見たい方はU-NEXTでご覧ください。
————————————————————————
本ページの情報は2018年年10月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 あらすじ

災いを招く危険な秘宝「魔剣目録」を携えて、流浪の旅を続ける剣士、殤不患(ショウ フカン)。

 

生国、西幽(セイユウ)を離れて東離(トウリ)の地に落ち延びたことで

一時の安息を得た彼だったが、その消息が仇敵「禍世螟蝗」に知られたことで、再び身辺に危険が迫る。

※公式サイトより引用

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 5話 3分あらすじ

蠍瓔珞(カツエイラク)から受けた毒の治療を待つ殤不患(ショウ フカン)。

 

 

 

調息して1か所に集めた毒が分散しないようにしているものの、

わずかでも調息を乱せば毒が体内で周ってしまいます。

 

 

 

一方、毒の治療のために鬼没の地にやってきた

鬼鳥(キチョウ)と浪巫謠(ロウフヨウ)。

 

 

 

鬼鳥(キチョウ)はあの手この手の世間話で

浪巫謠(ロウフヨウ)のことを探ろうとしますが、

 

 

 

当の浪巫謠(ロウフヨウ)は口を開いません。

 

 

 

それも実は理由があり、

浪巫謠(ロウフヨウ)は声に魔性を帯びており、

それがかつて、軍隊が動くような問題に発展したと。

 

 

 

 

みだりに声を出すのもはばかられるのは

難儀なものだ、と世間話で聞き流すようなそぶりを示します。

 

 

 

さらに、嘯狂狷(ショウキケン)と休戦することになった蠍瓔珞(カツエイラク)。

共に殤不患(ショウ フカン)を探しにいきますが、

 

 

 

浪巫謠(ロウフヨウ)の足跡に不審な点を感じ取ります。

 

 

 

殤不患(ショウ フカン)を担いだにしては、

足跡のごまかしが徹底されており、

 

 

 

浪巫謠(ロウフヨウ)をよく知る蠍瓔珞(カツエイラク)は

 

 

 

浪巫謠(ロウフヨウ)にそこまでの小細工を弄せる男ではなかった。とし、

 

 

 

もう一人、殤不患(ショウ フカン)に協力している人間がおり、

かつ、そいつは自分たちより先んじて殤不患(ショウ フカン)に接触していると推測。

 

 

 

嘯狂狷(ショウキケン)は怪しく笑みながら、

今はとにかく追跡が優先とし、蠍瓔珞(カツエイラク)に何も話しません。

 

 

 

蠍瓔珞(カツエイラク)は嘯狂狷(ショウキケン)の魂胆を見抜き、

やはり信用できないと改めて判断。

nbsp;

 

 

話は鬼鳥(キチョウ)達に戻り、

ついに竜を発見。

nbsp;

 

 

最初に突っ込んできた小さなの竜を目的に竜ととらえて、

「案外くみし易そうだ」

思ったとたん、

大きな竜が現れて小さな竜を殺してしまいます。

nbsp;

 

 

「あー・・・うん。そんなことだろうと思ったよ」

nbsp;

 

 

歿王(ボツオウ)と呼ばれる業火の谷に支配者。

nbsp;

 

 

歿王(ボツオウ)は人語を話しながら、

食事の邪魔だといいますが…。

nbsp;

 

 

鬼鳥(キチョウ)は“角をほんの少し削らせてくれないか?食事の邪魔はしないから”と、

「何ほんの一欠けらでいいのだ。おとなしくしていてくれないか?」

侮辱のような発言をします。

nbsp;

 

 

聆牙(リョウガ)が無意味に怒らせるなと言いますが、

どうせ要件を話せば怒らせるのは明白でした。

nbsp;

 

 

戦闘開始。

nbsp;

 

 

生半可な攻撃では傷一つ付けられないが、

竜の攻撃の本質は声。

「ならば声比べをするのはどうか?」

nbsp;

 

 

鬼鳥(キチョウ)は先ほど仕入れた情報から、

もっともらしい提案をします。

nbsp;

 

 

声比べは双方痛み分け、

nbsp;

 

 

喉が枯れたところで鬼鳥(キチョウ)は石塔のふもとで竜をあおり、

竜を石塔の下敷きにして動けなくします。

nbsp;

 

 

竜の恨みの怨嗟を聞きながら角のかけらを入手に成功しました。

nbsp;

 

 

ですが、竜の角を入手後、

浪巫謠(ロウフヨウ)は鬼鳥(キチョウ)を悪とみなしh、

殤不患(ショウ フカン)の為にならないとして、斬りかかります。

nbsp;

 

 

鬼鳥(キチョウ)はいつもの話術で煙に巻こうとしますが、

浪巫謠(ロウフヨウ)は感性で道を決める人間。

鬼鳥(キチョウ)にとって天敵のような存在。

nbsp;

 

 

鬼鳥(キチョウ)はあっさりと身を引き、

殤不患(ショウ フカン)に薬を届けてやれと言って、逃げ出します。

nbsp;

 

 

一方、殤不患(ショウ フカン)は

嘯狂狷(ショウキケン)、蠍瓔珞(カツエイラク)に追い詰められつつありました。

nbsp;

 

 

自分のために命を懸けた大博打をしてくれるやつらのために死ぬわけにはいかない。

 

 

 

その時、鬼鳥(キチョウ)の調合指南通りに薬を持った浪巫謠(ロウフヨウ)が現れます。

 

 

 

殤不患(ショウ フカン)は完全回復を果たします。

 

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 4話 見所・感想・予測

 

本当にこの作品は密度が濃いです。

 

 

 

話づくりにはストーリーマップが作られ、

無駄が無いように作るのですが、

この作品は本当に無駄がなく、無理がない。

 

 

 

鬼鳥(キチョウ)の離脱も至極自然。

立ち回りが絶妙で、綱渡りを見ているようです。

しかも、鬼鳥(キチョウ)は誰かの恨みを買いまくりという人生ですからね。

 

今回、竜の恨みを買うことになりました。

 

 

 

今季アニメ(特撮?)としてナンバーワンだと思います。

 

 

 

来週が待ち遠しいですね!

 

 

 

 

見逃した方や1期も見たい!という方はU-NEXTでご覧ください。

> U-NEXT <
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2
————————————————————————

本ページの情報は2018年年10月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

————————————————————————