こんにちは!

フクです。

 

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション】の3期が始まりました。

 

 

そこで、ソードアートオンライン(SAO)のネタバレをしていきたいと思います。

 

 

・【SAO】の3期を見逃した方
・その1期、2期、映画が見たい方

U-NEXTでご覧ください。

ソードアートオンライン
————————————————————————
本ページの情報は2018年年10月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
登録すると30日間は無料で利用できます。
————————————————————————

SAO あらすじ
― これはゲームであっても遊びではない。

死と隣り合わせの次世代型VRゲームが今始まる。

 

フルダイブと呼ばれる、仮想空間にアクセスして遊ぶオンラインゲーム『ソード・アート・オンライン(SAO)』のサービス開始日。

開発者の手により、『ゲームオーバー=死』という過酷なデスゲームに巻き込まれた主人公・キリト。

 

クリア条件は『SAO』は100層にいるボスを倒すこと。

キリトはゲームをクリアし、現実世界に帰還できるのか…。

 

 

※公式サイトより引用

ソードアートオンラインってどんな話?3分でわかる『SAO』

 

2012年からアニメ化して大流行しているSAO。

 

 

 

SAO1期、SAO2期、映画化、そして今回のSAO3期『アリシゼーション』

さらに、スピンオフの『SAO オルタナティブ ガンゲイルオンライン』と、

 

 

 

ものすごく人気のある作品。

 

 

 

ちなみに、U-NEXTで『映画』はポイント支払いがありますが、

他は見ることができます(30日間の無料トライアル中でも)

 

 

 

さて、本題。

 

 

 

SAO1期のあらすじを2行で表すと、

 

 

 

ソードアートオンラインを始めた1万人のプレイヤーが

仮想世界に閉じ込められ、その仮想世界で死ねばリアルの世界でも死ぬ。

 

 

 

というデスゲームに巻き込まれる話です。

 

 

 

 

このデスゲームをSAO事件(※SAO1期の話)といい、

これ以降の2期、3期はその完全な続編。

 

 

 

2期は

ガンゲイルオンラインというFPS系オンラインゲームで、

撃たれた人間が現実世界でも死んでしまうという事件を解決する話。

 

 

 

 

SAO事件で人間がゲームでリアルに死ぬという

悲劇がまた繰り返されるのか?

 

 

 

犯人の狙いはいったい?

 

 

 

ファンタジーな世界だった前作と違い、

鉄と火薬のにおいがする世界が舞台です。

 

 

 

3期はこれからお楽しみください♪

当サイトでもあらすじが分かるネタバレを用意していきます。

 

 

 

次に、SAO オルタナティブ ガンゲイルオンライン。

ガンゲイルオンラインでソロプレイを満喫している女性プレイヤー・レン。

そんなレンは女性プレイヤー・ピトフーイと出会い、意気投合。

 

 

 

ピトはSAOサービス開始日にログインできなかった。

つまり、SAO事件にかかわれなかった、SAO失敗者。

 

 

 

彼女の目的は…。

 

 

 

ソードアートオンライン アリシゼーション ネタバレ

現在作成中

 

 

 

 

ソードアートオンライン 全体的な感想

 

ここまで人気があるとアンチも出てきますが、

 

 

王道ライトノベルともいうべき大作です。

 

 

これをきっかけにアニメの世界にはまるのも全然アリだと思います。

全部一気見するくらいには面白く、見やすく、わかりやすい。

 

 

フクはラノベのほうは読んでませんが、

機会があれば読みたいなと思う作品です。

 

 

ちなみに、『SAO人気投票事件』というのが

ありまして、これがなかなか笑える結果になっています(笑)

 

 

ぜひ、スレッドやまとめを読んでほしいのですが、

作中に登場した微妙な端役キャラで上位を独占しよう!

という動きで、運営と悪ノリしたファンとのドラマがあります。

 

 

(まじめな人からすればきっと迷惑でしょうけど、

ある意味これは愛されている証拠だと僕は思います)

 

 

 

『ソードアートオンライン』が見たい!見逃した!

という方はU-NEXTでご覧ください。

> U-NEXT <

————————————————————————

本ページの情報は2018年年10月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

————————————————————————