こんにちは!

フクです。

 

 

なろう系小説としては絶大な人気を誇っている

【転生したらスライムだった件】が始まりました。

 

 

 

第3話をネタバレしていきたいと思います。

 

見逃してしまった方はU-NEXTで見ることができます。

30日間は無料で見ることができます。

————————————————————————
本ページの情報は2018年年10月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
登録すると30日間は無料で利用できます。
なお、更新頻度は週に1回程度です。
————————————————————————
転生したらスライムだった件 あらすじ

通り魔に刺されて死亡した男が目覚めると、そこは異世界のとある洞窟。

 

スライムに転生した主人公は、

巨大な竜との出会いを経てリムルという名前を授かった。

特殊な能力を身に付けたリムルは、さまざまな多種族を救出しながら、

自らの国を作ることを決める。

※公式サイトより引用

 

転生したらスライムだった件 3話  ネタバレ 牙狼族の襲撃を返り討ち。増えるスライムファミリー

 

 

牙狼族は1体に対してゴブリン10体で挑まなければならないという戦力差。

 

 

 

 

まずは負傷者を直して戦力を増強を考え、

ゴブリンを捕食し体内で生成した回復薬にかけて全快させて

負傷者を戦力に加える。

 

 

 

一通りの準備を終え、

いざ牙狼族戦へ。

 

 

 

村の入り口周辺に柵を配置し、

スキルで作った『鋼糸』で牙狼族の進軍を阻む。

 

 

 

それでも牙狼族の長は果敢にとびかかりますが、

『粘糸』でからめとり、『水刃』で絶命させる。

 

 

 

長を失った牙狼族へ退却を促しますが、

動くものはいない。

 

 

これ以上の血を流さないために、

牙狼族の長の死体を捕食し、

『思念伝達』『威圧』『超嗅覚』を獲得。

 

 

 

『威圧』と牙狼族の姿になって再度の

退却を勧めますが、

 

 

 

牙狼族は予想外にリムルに服従。

 

 

 

夜が明けて、ゴブリン達ならびに、牙狼族まで加わったゴブリン村。

 

 

生活を安定させるために、

衣食住が必要。

 

 

 

これを成すうえで、名前を呼んだほうが進めやすい。

そこで、村人たちに名前をつけます。

 

 

 

ゴブリン族、牙狼族は名前を持つ喜で大興奮。

 

 

 

ヴェルドラの時に名前を付けることの重要性を失念しており、

大量に名前を付けて魔力を失い、

 

 

 

三日気絶することに。

 

 

 

そして、別人のようなゴブリンの集団が。

 

 

 

名を持つということは、魔族としての格があがるということ。

 

 

 

シーンは変わり、衣食住の安定にむけ、さらに村にルールを設けることになります。

 

転生したらスライムだった件 感想・もの足りない

牙狼族をあっさり返り討ちをしました。

 

 

 

完封するために罠などで工夫はしていましたが、

ちょっと物足りないです。

 

 

 

3話のラストにドワーフに会いに行くことになりますが、

異世界の世界観を楽しむという形で3話を費やしました。

 

 

 

『デスマーチから始まる異世界狂想曲』みたいな

アップダウンのない(とても時間のかかる)作品にならないといいのですが…。

 

見逃した方はU-NEXTでご覧ください。

> U-NEXT <

————————————————————————

本ページの情報は2018年年10月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

————————————————————————