こんにちは!

フクです。

 

昨日今日で銀魂の映画を見てました。

 

■劇場版銀魂 1作目『新訳紅桜篇』

■実写映画『銀魂

 

 

配信サイトはU-NEXTになります。

 

 

本記事ではこの2作の見どころと感想をお届けします。

 

実写場銀魂

劇場版銀魂新約紅桜

※上記の画像はイメージ図です。

————————————————————————

本ページの情報は2018年年10月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

劇場版銀魂 1作目『新訳紅桜篇』は334pt

実写映画『銀魂』は540pt

————————————————————————

 

銀魂新約紅桜篇 銀魂実写版 あらすじ

江戸時代末期、侍は衰退の一途をたどっていた。かつて「白夜叉」と恐れられた坂田銀時も、今では便利屋「万事屋 銀ちゃん」を営んでいる。

そんな彼のもとに、かつての同志・桂小太郎が辻斬りに遭い、消息不明になる。

 

その裏で高杉晋助が幕府転覆を企んでいるとの知らせが入る。

 

人工知能を持ち、使用者に寄生して戦闘データを蓄積し進化する妖刀“紅桜”をめぐり、

最強の戦闘集団・鬼兵隊、桂小太郎、万事屋チームらが入り乱れる戦いが始まる。

 

※公式サイトより引用

 

実写映画『銀魂』と劇場版銀魂 1作目『新訳紅桜篇』 感想・見どころ

まず実写映画『銀魂』について、

アニメの実写化ということで毛嫌いする人もいると思いますが、

 

 

 

ミスキャストを感じさせないほど

役者さんが想像以上に熱演します。

 

 

 

ギャグパートおよびシリアスパート、

殺陣パートも相当に気合が入っています。

 

 

 

シナリオについては

どちらも原作にもあった『紅桜偏』。

 

 

 

『紅桜偏』は

とある刀工が作った生きてる刀”紅桜”を取り戻してほしいという依頼を受けたことで始まります。

巷で紅桜を使った辻斬り、その裏に潜む高杉一派鬼兵隊。

万事屋銀ちゃん、桂一派、さらには高杉と手を組んだ宇宙海賊春雨も加わっての激突します。

 

 

 

実写のほうはカブトムシの話もあり、

これの近藤局長の変態っぷりは原作通りに熱演してくれます。

 

 

 

初見だと間違いなく笑いをくれる名シーンです。

 

 

 

見どころとしてはやはり戦闘パート。

桂と銀時の共闘して春雨を撃退するシーンはよくできてており、

見応えのあるシーン。

 

 

 

アニメだと1時間20分時点から開始するシーン。

 

 

 

最後に、本作はわりと旧作なのに、ポイント購入が必要でした。

値段はポイントは320pt(320円)

 

 

 

31日間の無料お試し期間でも600pt入りますのでそれで見ることもできます。

少々割高に感じますが、

劣化せず、PCでもスマホでも視聴できるレンタルとして考えればこのくらいだとは思います。

 

 

 

ただし、レンタルなので、2日間だけという感じです。

 

 

実写映画『銀魂』と劇場版銀魂 1作目『新訳紅桜篇』 見終えて

『銀魂』

 

 

 

フクが中学生のころに連載スタートしたのを覚えています。

 

 

 

当時はほとんど流し見しており、

 

 

 

大人になってからネットカフェで全巻一気読みをしたんですが、

ギャグパートは絶妙といえる橋を渡っており、

シリアスも任侠、人情を感じさせるつくりになっており、人気なのもうなづけます。

 

 

 

全巻揃えるのは大変ですが、

アニメは原作に準拠しており、

 

 

 

U-NEXTで全シリーズを視聴するのもいいでと思います。

 

 

地上波アニメはすべて無料で見ることができます。

 

 

350話以上あるので大変だとは思いますが…。

OP/EDを飛ばせば120時間もあれば全話見れると思います。

まとまった休暇などで見るとよいでしょう。

 

> U-NEXT <

————————————————————————

本ページの情報は2018年年10月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

————————————————————————