こんにちは!

フクです。

 

サンダーボルトファンタジーの2期が本当に嬉しい。

 

本記事では

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 (2期)3話をお届けします。

 

まどマギ、fate0でお馴染みの虚淵玄監督の作品です。

 

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2

 

見逃し配信もう一度見たい方はU-NEXTでご覧ください。
————————————————————————
本ページの情報は2018年年10月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
————————————————————————

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 あらすじ

災いを招く危険な秘宝「魔剣目録」を携えて、流浪の旅を続ける剣士、殤不患(ショウ フカン)。

 

生国、西幽(セイユウ)を離れて東離(トウリ)の地に落ち延びたことで

一時の安息を得た彼だったが、その消息が仇敵「禍世螟蝗」に知られたことで、再び身辺に危険が迫る。

※公式サイトより引用

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 3話 3分あらすじ

 

蠍瓔珞(カツエイラク)から毒を受けて、朦朧とする殤不患(ショウ フカン)。

 

 

 

操られた人には何の罪もないため、

攻撃するのを躊躇しますが、

 

 

 

そんな殤不患(ショウ フカン)を浪巫謠(ロウフヨウ)は強く諭し、

積極的防衛で操られた人を撃退していき逃走に成功。

 

 

 

ちょうど同じ時。

 

 

 

鬼鳥(キチョウ)と共に行動していた嘯狂狷(ショウキケン)が

現場に到着。

 

 

 

手に持っている魔剣-モヅキノヨ-に目を付けます。

蠍瓔珞(カツエイラク)は操った人々をけしかけますが…。

 

 

 

嘯狂狷(ショウキケン)は

あっさりと人々を切り捨て、

 

 

 

戦闘を開始。

 

 

 

蠍瓔珞(カツエイラク)の持つ魔剣-モヅキノヨ-は

操る力しかないため、切った張ったの対決においては

単なる刀剣にしかならない。

 

 

 

分が悪いと思い、逃げ出すタイミングをうかがっていたところで

 

 

 

 

今度は鬼鳥(キチョウ)が現れ、

混乱に乗じて蠍瓔珞(カツエイラク)も逃げ出します。

 

 

 

 

戦場となった市場を見て、

「なんとまぁ惨たらしい」

 

 

 

仰々しく語る鬼鳥(キチョウ)。

 

 

 

鬼鳥(キチョウ)に対し、嘯狂狷(ショウキケン)は

この惨状の元凶が殤不患(ショウ フカン)にあると語ります。

 

 

 

 

悪いのは魔剣目録の所持者である殤不患(ショウ フカン)。

 

 

 

嘯狂狷(ショウキケン)は

蠍瓔珞(カツエイラク)をあえて見逃して殤不患(ショウ フカン)が

奪い返しに来る時を狙い囲んで一網打尽にする算段を伝えます。

 

 

 

そうなると、

この惨状がほかでも起きることになる。

 

 

 

鬼鳥(キチョウ)

立場上、それを見逃すことはできない。

 

 

 

として異を唱えますが。

 

 

 

「私の目の届かぬところで解決していただきたい」

 

 

 

惨状が起きてもそこに居合わせなければ

自らに責はないと遠回しに回答します。

 

 

 

一方、仙鎮城の城主・伯陽侯(ハクヨウコウ)のために

医者を探していた、臣下達。

 

 

 

治療功ができる修行僧・諦空(テイクウ)に出会います。

 

 

 

押し問答の末、

伯陽侯(ハクヨウコウ)の治療をすることになりますが、

諦空(テイクウ)は伯陽侯(ハクヨウコウ)の毒を引き受ける形で治療をします。

 

 

 

毒の治療といえば

殤不患(ショウ フカン)。

 

 

 

殤不患(ショウ フカン)は内気を練って、

毒を一か所に集めますが、

 

 

 

それしかできず、

身動きが取れない。

 

 

 

そんな殤不患(ショウ フカン)の前に現れたのは鬼鳥(キチョウ)でした。

 

 

 

 

 

 

 

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 3話 見所・感想・予測

 

いろいろな会合になりました。

 

 

 

鬼鳥(キチョウ)の真意は

悪者をからかうためであり、

現在は獲物を探しているといったところ。

 

 

 

候補は嘯狂狷(ショウキケン)

蠍瓔珞(カツエイラク)の背後にいる人間。

 

 

 

登場人物がまだ出そろっていないので、

予測はまだできませんが、

 

 

 

「魔剣目録はすべて奪われ、すぐに奪い返す。

その際、もっとも屈辱的なやり方を使う」

 

 

 

1期の森羅枯骨(シンラココツ )がその手で

やられてますからね。

 

 

 

問題はどんな手段を用いるのか…。

 

 

あと3話くらいすればきちんと予測ができるかもしれません。

 

 

 

 

3話最後に殤不患(ショウ フカン)に接触した

鬼鳥(キチョウ)ですが、

 

 

 

殤不患(ショウ フカン)から奪う算段をつけてるように思います。

少なくとも、奪わぬにしても、奪いやすい状態にする。

 

 

 

 

ここは本当に楽しみですね。

 

 

 

見逃した方や1期も見たい!という方はU-NEXTでご覧ください。

> U-NEXT <
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2
————————————————————————

本ページの情報は2018年年10月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

————————————————————————