紹介・ネタバレ・感想

父さんはひとごろし ネタバレ 29話 【一条透の不幸】

父さん_サイコパスの元少年A

【ノレソレ】が描く、サイコパスの恐怖と苦悩を描くサイコスペンス『父さんはひとごろし』。駿は!?茉莉は!?野崎は!?脱出できるのか!?

この記事はその29話のネタバレと見どころを紹介しています。

父さんはひとごろし_横_ロングバナー

▼立読みはRentaでできます!▼

RENTAで無料立ち読み

『父さんはひとごろし』で検索すると出てきます♪

父さんはひとごろし ネタバレ 29話 ダイジェスト!

喧嘩は第三者の介入により、強制終了。

 

 

一条透は壁を越えて逃げ、野崎恵もそれに倣って逃げ出す。

 

 

逃げ出した先で野崎は一条透に礼を言い。

 

 

『自分も一条くんみたいになりたい』と言うのだが・・・。

 

 

一条透は、普通がわからないのだという。

 

 

 

だから、自己中心的に、自由に生きているのだと。

 

 

イジメはまだ解決してなかったが、野崎恵は約束通りに一条透に一万円を渡す。

 

 

ここで一条透は理解した。

 

 

好かれると得をするということに。

 

 

後日、一条透は野崎恵をイジメていた主犯女子から呼び出しを受ける。

 

 

一条透は言葉巧みに、人気のいないところに連れ出すのだった・・・。

 

父さんはひとごろし ネタバレ 29話の登場人物の動き

異常性と損得を理解し始めた『一条透

父さん_サイコパスの元少年A

野崎恵のイジメ現場に介入したものの、イジメから助けるには至らなかった。

 

 

しかし、追いかけてきた野崎恵からお礼を言われ、

 

 

尊敬と好意を向けられる。

 

 

普通が分からず、誰とも合わせることができない一条透はここで理解をする。

 

 

 

野崎恵のように、尊敬と好意を向けられれば。

 

 

得をするのだと。

 

 

つまり、そういう人間を何人も作れば自分にとってメリットになるのだと。

 

 

 

29話の見どころ!確かにまずい。野崎恵がやったこと。

何とも言えない、切なさがこみ上げる29話でした。

 

 

野崎恵が一条透に向けた感情は無垢で綺麗なものでしたが、

 

 

相手が悪かった。

 

 

一条透はこの時点で自らの異常性に気づいており、

 

 

野崎恵が向けてくれた感情により、

 

 

それを肯定してしまいます。

 

 

つまり、『普通でなくていい』し『異常なままでいい』と理解したというわけです。

 

 

 

なんだか胸に来る切ない話になりました。

 

 

この展開はもうどうしようもないんですよね。

 

 

助けられたのは事実で、自分をしっかり持ってる一条透に憧れても仕方ありません。

 

 

 

26話から言ってるように、野崎恵が自分を責めるのに充分すぎます。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。