園部

【ノレソレ』が描く、サイコパスの恐怖と苦悩を描くサイコスペンス『父さんはひとごろし』。駿は!?茉莉は!?野崎は!?脱出できるのか!?

この記事はその12話のネタバレと見どころを紹介しています。

▼試し読みはココをタップ▼

父さんはひとごろし_横_ロングバナー

『父さんはひとごろし』で検索すると出てきます♪

父さんはひとごろし ネタバレ 12話 ダイジェスト!

『私の目を潰し、ねえさんを殺したあんたのコトを・・・やっと殺せる!』

 

 

駿の耳に信じられない言葉が入ってくる。

 

そしてもっとも信じられなかった言葉は・・・。

 

 

『駿。誰か来ないか見張ってろ。すぐに終わらせる』

 

 

言葉通り、園部真希の死という形でこの凶行は終わった。

 

薄れゆく意識の中で、園部は亡き姉との想い出を思い出しながら・・・。

 

父さんはひとごろし ネタバレ 12話の登場人物の動き

父さんの凶行をただ見ることしかできなかった『中山駿』

父さんの子_駿

父さんに助けてもらったものの、その父さんの口から出てきたのは信じがたい殺意の言葉だった。

 

『誰か来ないか見張ってろ』などど息子に向かって言うような言葉ではない。

 

 

駿は父さんが園部を殺す様を見て、「ひとごろし」と呟くだけで精いっぱいだった。

 

 

 

 

復讐の末殺された『園部真希』

園部

目潰し連続殺人事件の唯一の生き残り。

 

 

駿を襲うも父さんに阻止されてしまい、断念。

 

 

しかしその父さんが『25年前の目潰し犯』だと悟り、ナイフで襲い掛かる。

 

 

だが、人を殺すのに何の躊躇もないサイコパスの父さんにはかなわず。

 

 

首を絞められ、復讐を果たせなかったことを悔やみながら死んでいった。

 

 

 

25年経ってもひとごろしの『中山雅行』

父さん_サイコパスの元少年A

駿の危機を救うという活躍を見せた父さん。

 

しかし、何を考えたのか、父さんは『園部を殺す』という対処を実行することにする。

 

手加減なく園部の首を締め、父さんはひとごろしとなる。

 

 

 

12話の見どころ!短絡的に見える父さんの行動が悲しいほど泣ける。

25年ぶりに人を殺してしまうというショッキング12話。

 

何の迷いもなく、人を殺す父さん。

 

駿もその光景にかなりのショックを受けています。

 

 

ここで『なぜ父さんは人を殺したのか』について考えてみたいと思います。

 

 

人を殺すことを許容するわけではありませんが、これは必然な結果に見えてなりません。

 

父さんがここで駿と一緒に逃げたとしても、面が割れている以上、かならず園部はやってきます。

 

 

では、園部対策をどうするべきか?

 

まず初めに考えられるのは警察に相談でしょう。

 

 

ですが、警察とは言え所詮は人間。

 

日本史上最悪の凶悪犯が近所に住んでるなんて、平和なご近所からすれば戦々恐々の事態と言えるでしょう。

 

 

当然今までの暮らしを維持することはできません。

 

ならばこそ、『園部を物理的に排除』する必要があると考えても不思議ではありません。

 

 

秘密裏に排除できれば、そのまま平穏無事に暮らせることになりますからね。

 

 

ですが、そうはなりません。

 

ここまで本作を読んだ方ならわかると思いますが、

 

そもそも園部を嗾けたのは、事件を面白おかしくしようと考える戸叶です。

 

 

戸叶が目潰し犯の今を知った時点で、父さんに与えられた選択肢はほとんどありません。

 

 

こう考えると父さんが哀れで仕方ありません。

 

罪を犯したとはいえ、その罪を面白おかしくおもちゃにされているんですから。