紹介・ネタバレ・感想

父さんはひとごろし ネタバレ 1話 【25年前の目潰し連続殺人事件】

父さんの子_駿

【ノレソレ』が描く、サイコパスの恐怖と苦悩を描くサスペンス『父さんはひとごろし』。駿は!?茉莉は!?野崎は!?脱出できるのか!?

この記事はその1話のネタバレと見どころを紹介しています。

父さんはひとごろし_横_ロングバナー

▼立読みはRentaでできます!▼

RENTAで無料立ち読み

 

父さんはひとごろし ネタバレ 1話 ダイジェスト!

14歳の誕生日。

 

彼女の茉莉と肉体的にも結ばれ、駿は幸せの絶頂の中に居た。

 

しかしこの日の夕食。

 

25年前に日本で起きた戦後最悪の少年犯罪『目潰し連続殺人事件』の特番が放送されたことで、幸せに罅が入る。

 

駿の父がその放送を見て、笑みを噛み殺していたのだ。

 

当然笑いどころなどないガチシリアスな事件。

 

駿は父さんに事件当時のことを聞こうとするのだが・・・

 

父さんはひとごろし ネタバレ 1話の登場人物の動き

主人公とヒロイン『中山駿と百瀬茉莉』

父さんの子_駿 茉莉_駿の彼女

中学生ながら厚い信頼関係があり、必然的に愛し合うカップルになった。

 

25年前の事件について、聞き覚えがある程度の知識で、

 

25年前に14歳だった父親に詳しく聞こうとするのだが、父親が笑っていることに気づく。

 

 

父さん『中山雅行』

父さん_サイコパスの元少年A

駿の父親でこの物語のもう一人の主人公。

厳格で融通の利かない性格だが、家族を第一に考える優しさがある。

 

25年前の事件を見て、笑みを浮かべないように必死に抑えている。

 

 

母さん『中山愛子』

母さん

駿の母親。穏やかな笑みを浮かべており、夫である雅行を支える良き妻である。

 

料理上手で作中ではおいしそうなハンバーグを作っていた。

 

 

1話の見どころ!夜神月並みに笑いをかみ殺す父さん

冒頭で中学生のチョメチョメなシーンということで別の意味で度肝を抜いた1話。

 

かといってただれた性というわけではなく、爽やかさ、ある種の清らかさすら感じる。

 

 

さて、1話の最大の見どころは

 

25年前の事件『目潰し連続殺人事件』の特番が流れるシーンだろう。

 

作中では、日本を震撼させ、少年法すら変えた戦後最大の少年犯罪として紹介されるのだが、

 

そんな犯罪でも、当時生まれてもいない駿にはピンとこない様子。

 

 

どんな事件も時の流れの前には風化してしまうのだなと感じます。

 

 

前置きはこのくらいにして、この特番が流れた際の雅行の笑みを噛み殺すシーン。

 

夜神月並みに笑みを噛み殺しており、

 

どう見ても、事件の関係者。

 

 

タイトルにもある通り、雅行がこの事件を起こした元少年Aになります。

 

 

そういえば、本作には関係ありませんが、神戸の事件について、触れた特番というのは見たことありませんね・・・。

 

おそらく業界的にもタブーとして、触れないようにしているのだと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。