父さんはひとごろし ネタバレ 無料 試し読み 7話 【目潰し連続殺人事件の情報】

ネタバレ前に無料立ち読みをしたい方は“コミックフェスタ”をクリック

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>コミックフェスタ<<

父さんはひとごろし』で検索すると出てきます。

漫画名 父さんはひとごろし
作者 ノレソレ
配信 コミックフェスタ(レーベルはコミック維新)
配信話数 12話まで配信中(2017年8月17日時点)
価格 1話60円

 

父さんはひとごろし 7話 ネタバレ 【目潰し連続殺人事件の情報】

前回のお話は>>こちら<<をクリック

 

場所は野崎の家。

 

 

野崎は怪しく笑いながら

『目潰し連続殺人事件』の情報を駿に見せます。

 

プリズングルーピーの野崎。

 

野崎の持っている情報は

想像を絶するものでした。

 

 

父さんはひとごろし 【サイコパス】

 

当時14歳の少年。

 

病的なドSで、

性=暴力。

 

 

そして、供述内容、

小学校時代の評価と中学校時代の評価から

専門家はサイコパスであると分析。

 

 

 

父さんはひとごろし【目を潰す意味】

サイコパスは人間の表情を読みとるのが上手い。

その正答率は普通の人間の倍以上違う。

 

 

被害者の目が

絶望に染まった瞬間を切り取るように。

目を潰して閉じ込める。

 

それが最高に気持ちいいのだと。

 

 

父さんはひとごろし 【当時14歳の少年の今】

現状についての確かな情報は無い。

 

だが、手掛かりを持っているという野崎。

 

当時14歳の少年の写真を手渡されます。

 

当時の写真が“今”の手掛かり??

 

そこに映っていたのは・・・。

 

 

駿にそっくりな”少年”だった。

 

 

父さんはひとごろし 7話 感想 【確定的】

駿が当時14歳の少年の血を引いていることは

確定的と言って良いでしょう。

 

 

眼鏡の有無だけでまるっきり駿でした。

やはり“父さんがひとごろし”なのか。

 

 

猫の惨殺体を警察に通報しなかったのは

自分に捜査の手が伸びるのを恐れている為でしょうか。

 

 

この漫画はコミックフェスタで配信されています。

グロ描写やサイコパス作品がお好きな方にお勧めの作品です。

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>コミックフェスタ<<

父さんはひとごろし」で検索すればでてきます。