父さんはひとごろし ネタバレ 無料 試し読み 5話 【世界一残酷な真実】

ネタバレ前に無料立ち読みをしたい方は“コミックフェスタ”をクリック

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>コミックフェスタ<<

父さんはひとごろし』で検索すると出てきます。

漫画名 父さんはひとごろし
作者 ノレソレ
配信 コミックフェスタ(レーベルはコミック維新)
配信話数 12話まで配信中(2017年8月17日時点)
価格 1話60円

 

父さんはひとごろし 5話 ネタバレ 【生き残り 園部夏希】

前回のお話は>>こちら<<をクリック

 

当時14歳の少年が実行した

 

目潰し連続殺人事件』の生き残り・園部夏希。

 

 

左目には刺し傷が残っており、

義眼になっている。

 

 

 

園部は事件についてそれからのことは

知らないが、戸叶に名刺を一つ差し出します。

 

 

事件を担当した検察官の名刺。

 

 

この見返りとして、

当時14歳の少年の現状の情報を要求します。

 

 

猫の死体は・・・

父さんの”父親”を信じるべく、行動する駿。

 

 

あの“両目を潰されて内臓を切り裂かれた猫の死体”があった場所。

 

猫の死体はそこには無く。

 

 

埋められていた。

 

 

“父さん”は嘘をついた。

 

 

父さんはひとごろし 5話 感想 【世界一残酷な真実】

駿にとっては世界一残酷な真実でしょう。

 

 

猫の死体が無い場合、

警察に全てを任せたと考えられます。

 

 

ですが、

猫の死体は埋められていただけ。

 

 

つまり、“事件”となって

波風が立つのを恐れたと言う事になります。

 

 

父さんは嘘をついていたことになります。

 

 

 

この漫画はコミックフェスタで配信されています。

グロ描写やサイコパス作品がお好きな方にお勧めの作品です。

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>コミックフェスタ<<

父さんはひとごろし」で検索すればでてきます。