父さんはひとごろし ネタバレ 無料 試し読み 4話 【当時14歳の少年を追う者】

ネタバレ前に無料立ち読みをしたい方は“コミックフェスタ”をクリック

 ⇒ コミックフェスタ

父さんはひとごろし』で検索すると出てきます。

漫画名 父さんはひとごろし
作者 ノレソレ
配信 コミックフェスタ(レーベルはコミック維新)
配信話数 12話まで配信中(2017年8月17日時点)
価格 1話60円

 

父さんはひとごろし 4話 ネタバレ【当時14歳の少年を追う者

前回のお話は>>こちら<<をクリック

 

父さんが猫の死体でオ○ニー

 

 

おぞましい姿を前に駿は逃げ出します。

 

 

家に帰り、夕食を断わり、

部屋に戻ると父さんが部屋をノックしてきます。

 

 

優しい声で。

何食わぬ顔で。

もっともらしい言い訳で。

 

 

父さんは“父親”をしてきます。

 

 

当時14歳の少年を追う者

 

そして、週間新報の記者・戸叶は

日本を震撼させたあの事件。

 

 

当時14歳の少年が起こした

「目潰し連続殺人事件」

 

この事件を追って“生き残り”と接触していた。

 

父さんはひとごろし 4話 感想【”父親”の顔を見せる父さん】

何食わぬ顔で平然と“父親”の顔を見せる父さん。

 

 

普通の人間は嘘を吐くと

眼が動いたり、

身体を触ったり、

髪の毛を弄ったり、

口元を隠したりという反応をします。

 

 

それが人間なんですが…。

 

 

サイコパスとは本当に恐ろしいです。

 

 

 

この漫画はコミックフェスタで配信されています。

グロ描写やサイコパス作品がお好きな方にお勧めの作品です。

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>コミックフェスタ<<

父さんはひとごろし」で検索すればでてきます。