父さんはひとごろし ネタバレ 無料 試し読み 3話 【目を潰されて内臓を引き裂かれた猫の死体】

ネタバレ前に無料立ち読みをしたい方は“コミックフェスタ”をクリック

 ⇒ コミックフェスタ

父さんはひとごろし』で検索すると出てきます。

漫画名 父さんはひとごろし
作者 ノレソレ
配信 コミックフェスタ(レーベルはコミック維新)
配信話数 12話まで配信中(2017年8月17日時点)
価格 1話60円

 

父さんはひとごろし 3話 ネタバレ【目を潰されて内臓を引き裂かれた猫の死体】

前回のお話は>>こちら<<をクリック

 

目潰し連続殺人事件の特番から

野崎の様子がおかしい。

 

 

野崎の事を彼女の茉莉に話すと、

茉莉はどん引きするのだが、

ただ特別なものに惹かれているだけとフォローをします。

 

 

 

茉莉と話終わり、夕食の時間に間に合わせるために

駿は近道で茂みに入ります。

 

 

 

しかしそこには・・・。

目を潰されて内臓を引き裂かれた猫の死体。

 

 

 

猫の異常死体を前に動揺する駿だが…。

駿の背後は“父さん”がいた。

 

 

“父さん”は何かを感じたのか、

駿を先に帰らせ、

 

 

警察に連絡すると駿に言います。

 

 

 

猫の死体の前で

 

父さんに猫の死体を任せたものの、

何かが引っかかる駿。

 

 

様子が気になり、戻ってしまいます。

 

 

そこには。

 

 

父さんは

笑いながらズボンを下ろして

猫の死体の前ででオ○ニーをしていました。

 

 

 

 

父さんはひとごろし 3話 感想【サイコパスによく見られる性癖】

猫など、小動物を殺してオ○ニーをすることは

サイコパスにはよくみられる性癖です。

そしてより残酷な方法で行うと興奮度が増すといいます。

 

 

“死体”という結果。

あるいは傷つけて絶命させるまでの行為

興奮するようです。

 

 

恐ろしい性癖です。

 

 

この漫画はコミックフェスタで配信されています。

グロ描写やサイコパス作品がお好きな方にお勧めの作品です。

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>コミックフェスタ<<

父さんはひとごろし」で検索すればでてきます。