父さんはひとごろし ネタバレ 無料 試し読み 2話 【事件を追う者達】

ネタバレ前に無料立ち読みをしたい方は“コミックフェスタ”をクリック

 ⇒ コミックフェスタ

父さんはひとごろし』で検索すると出てきます。

漫画名 父さんはひとごろし
作者 ノレソレ
配信 コミックフェスタ(レーベルはコミック維新)
配信話数 12話まで配信中(2017年8月17日時点)
価格 1話60円

 

父さんはひとごろし 2話 ネタバレ 【事件を追う者達】

前回のお話は>>こちら<<をクリック

 

当時14歳の中学生による連続殺傷事件。

『目潰し連続殺人事件』のテレビ特集を機に、

事件を追う者達が現れます。

 

 

出版社・週間新報で働く美人編集者・戸叶。

 

 

瞬のクラスメイトであり

サイコパスにあこがれる

プリズングルーピーの野崎。

 

プリズングルーピー:

犯罪者をおっかけるファンのこと。

 

戸叶と野崎が事件を追います。

二人が持つ事件の手掛かりとは?

 

 

父さんの有り得ない反応

目潰し連続殺人事件の報道を笑って見る父さん。

 

 

駿が当時の事を聞くと“覚えていない”と言う。

日本を騒がせ、誰もが知る事件で、

 

しかも当時14歳という同い年が起こした事件。

 

“覚えてない”というその有り得ない反応に駿は戸惑います。

 

 

父さんはひとごろし 2話 感想【有り得ない反応】

有り得ない反応です。

覚えてないわけないですよね。

 

 

フクは、神戸の事件の時、少年Aと近い年齢でしたが、

学校中大騒ぎでした。

 

 

ナイフの所持の確認や持ち物検査。

学校集会はもちろん、道徳の授業も

少し過剰と思えるくらい熱心にやっていました。

 

 

 

この漫画はコミックフェスタで配信されています。

グロ描写やサイコパス作品がお好きな方にお勧めの作品です。

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>コミックフェスタ<<

父さんはひとごろし」で検索すればでてきます。